【ブログリライト講座vol.11】ホノルルマラソンは親子で参加できる!子供は7歳からってマジすか!

【スマホの場合は完全版表示でお願いします ※PCの閲覧推奨です】

元編集者のサイト運営者が、ブロガーさんの記事を本気でリライトする――。

第11弾は旅マイルブロガーの旅ガエル( @tabi_frog )さん!

親子で走るホノルルマラソンは最高の時間を与えてくれる!

第一印象は、プロデュースがお上手!

カエル君イラストも素敵ですし、『マイルで旅RUN』というサイト名も文句なし。

マイル(カタカナ)
(ひらがな)
(漢字)
RUN(Alphabet)
って、マジ、理想の文字の組み合わせです。

もしかして編集とかそれに近いオシゴトされてます?

気になって自己紹介ページを見ても、本業を匂わす記述はなく、それよりも気になったのは
「マイルを使ってビジネスクラスやファーストクラスの旅を楽しんでいる」
というところです。

すごいなぁ~。

って、感心ばかりしてないでターゲットの記事を見ていきたいと思います!

 

すでに検索4位に入っとるがな(・・;)

ぶっちゃけ今回は、ほとんど指摘するようなポイントがありません。

なので重箱の隅をつつくような印象をもたれるかもしれませんが、それだけ旅ガエルさんのレベルが高いということでご理解ください。

まずタイトルです。

親子で走るホノルルマラソンは最高の時間を与えてくれる!

つかみはOKです。
記事を読んだところ、謳い文句に嘘偽りナシ!

本文も読みやすいです。

一点、気になったのは、何歳の息子さん、あるいは娘さんと走ったのか?ということ。

タイトルからは不明で、
「そもそも子供は何歳からOKなのか」
という大会規定も気になりました。

本文を読めば7才からOKというのが明らかになり、旅ガエルさんのお子さんが12歳の息子さんであることも判明するのですが、その点を考慮してこんなタイトルでもアリかもしれません。

親子で参加のホノルルマラソンが最高!12歳の息子と越えた42kmの壁

親子で参加のホノルルマラソンが最高!7歳からチャレンジできます!

これならば「親子 ホノルルマラソン」で検索したときに上位表示も狙えますし……と思って調べてみたら、現時点で既に4位におりましたw

記事本数が60未満で、なかなかですね。
かなりドメインパワーが育ってきている感じです(マイル関係は未調査ですが)。

個人的には

親子で参加のホノルルマラソンが最高!7歳からチャレンジできますよ


こっちがいいかなぁ、と思います。
本当は「12歳の息子と越えた42kmの壁」の方に惹かれるんですが、記事を一過性の体験談で終わらせたくない。

要は、これから何年もこの記事を読んでもらうには、ホノルルマラソンに関する普遍的な話を書いておいた方が無難だと思うのです。
そういった理由から上記「7歳から~」のタイトルをオススメしました。

ただ、タイトルを変更すると、順位変動のリスク(多くは一時的ですが)があります。

現時点で4位にいるものを無理にイジる必要もないわけで……。

無理にとは言えない><;

 

ダブルレインボーが見たい!

本文については2箇所気になったところがありました。

一つは『ダブルレインボー』です。

ハワイ未体験の私は、それが何なのかわかりませんでした。
『2つの虹が出るのかな?』という予想はつきますが、だったらそれを見たい!!!と思いまして。

フリー画像のphotoacさんで検索かけたら、出てくるじゃないですか^ー^

たぶんこんな感じですよね?

これがマラソンの最中に見れるだと???
くぅうううううううううううううううう!

って、なる。
記事の続きを読みたくなる。
写真1枚で、離脱リスクが下がって(゚д゚)ウマー

フリー画像サイトは、こんなときのためにあります。
遠慮なくお借りしちゃっていいのではないでしょうか?

※他の記事でアイキャッチ&TOP画像がないところもフリー画像をお借りしても問題ないと思いますよ

記事で気になった点がもう一つ。

それは

そこで初めて知った息子のことも沢山ありましたし、私も初めてその場で伝えた話もありました。

↑ここです。

プライバシーに関することなので伏せたい気持ちはわかります。
しかし、こういうところが人の琴線に触れるので、何かしら記述が欲しかったなぁと。

『そうか。息子は◯◯のことを知っていたのか。オレは何を見てたんだ』
とか、そういうのです。

トイレエピソードとか楽しい話はあるんで、少しシリアスな親心が欲しいという感じですかね。

いや、細かすぎる話でサーセン。

 

画像に文字を載せるなら

さらに具体的なダメ出しさせていただきます。

以下の画像2枚。

こちらアイキャッチ&トップ画像で使われていたもので、それ自体に問題はないのですが、気になったのが追加された『文字』です。

何がイケないのか?
というと、飾り文字(縁取り文字)がチョット……(´・ω・`)

いや、ほんとゴメンナサイ!

めっちゃ細かい話で恐縮なんですが、全体の完成度がイケてるんで、気になったところを挙げるとここだったのです。

しかも私にはデザインを学んだ経験がありません。
なので素人の遠吠えとして聞いていただきたいのですが、単純な縁取り文字は古い感じがするのです。

今、テレビのテロップなどでも使われる縁取りは二重が基本です。
例えば以下のバナーをご覧ください。

織田信長の文字が
①中心=緑
②その周囲=紺
③さらにその周り=白
となっている、そんな感じがメインです。

このバナーは僕がイラレで作ったんすけど、プロのデザイナーさんが見たら、うわっ!となりそうで、ほんと恥ずいんすわー。

まぁ、自分の加工品も出さなきゃ不公平だろうということで提示させていただきました。
ちなみに、この二重の縁取りはイラレ(アドビ)でやってますんで、個人ブロガーさんには環境的に揃ってなさそうです。

なので旅ガエルさんの写真の上には、文字を載せないでもOKではないでしょうか?

全体のデザインがシンプル&可愛い感じなので、それだけで十分魅力あります!他で無理する必要がないと思います。

 

寝ても飛んでもマイルのことばかり

結局、ダメ出しが目立つという、我ながら不本意な流れになってしまいました。

それもこれも完成度が高いからなのです。



カエル君も含めたデザインがいい感じすぎるんすよw
(フリー素材?それとも自作すか?)

そうだ。
リライトしてませんね><;

リードの原文はコチラです。

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」です。今日は、

「ホノルルマラソン」しかも子供と一緒に『親子で参加する魅力』について力説したいと思います!

いささか短いので、こんな修正はいかがでしょう?

寝ても飛んでもマイルのことばかり。
こんにちは。「旅ガエル」です。

皆さん、ホノルルマラソンってご存知ですよね?

しかし親子参加できるって話はあまり知られていない。
大会規定では、なんと7歳から認められているですよ。

もちろん子供の参加ですから注意せねばならない点は一杯あって、時間と勝負されているランナーには物足りないかもしれませんが、親子RUNには一人では決して味わえない最高の時間が待っています。

本日はそれを力説したいと思います!

「寝ても覚めても」はやっぱり単純すぎるので、マイルに合わせて「飛んでも」と変更。
他に7歳からOKという点を盛り込んでおきました。

これでグッと興味を惹かれる方が増えるはず。
具体的な数値というのは、やっぱり想像力を喚起しますので。

子供の参加ですから注意せねばならない点は一杯あって

という一文も盛り込んでおきましたので、そういった『注意点を教えてくれるんだ』という期待を読者に持たせることもできます(実際、本文での一つのキモとなってましたので)。

こんな感じでいかがでしょうか。
すでに成功のレールに乗っているようなサイトに、細かいこと申し上げてサーセンでした!

※SEOは度外視してリライト&記事作成しております

文:五十嵐利休

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA