【ブログリライト講座vol.7】ストーリーは演出から生まれる!文体変化で世界観を作ろう

【スマホの場合は完全版表示でお願いします ※PCの閲覧推奨です】

元編集者のサイト運営者が、ブロガーさんの記事を本気でリライトする――。

第7弾は12年間の不登校から旅に目覚めた大学生ブロガー・ひだよし@hidayoshi0818 )さん。

僕がブログを始めた理由

夢や目標などなく、惰性で生きていた――。
それがふとしたキッカケで旅の面白さに目覚め、今後、世界全ての国を周る!のが夢だと語ります。

リライト対象は、本人プロフィールとなる記事です。

普段はリード文のみを行っておりますが、今回は全文を【before-after】形式で送らせていただきます。

 

過去「である調」現在「ですます調」でカッコつけ!

プロフィールですからリードっぽい文章はないですね。
いきなり本題からで問題ありません!

まずは原文でご覧ください。

【before】
あなたは将来の夢や目標がありますか?僕は大学生になるまで夢も目標もありませんでした。

僕は幼稚園の頃は不登園、小中学校では不登校でした。そしてそれに加えてデブでした。客観的に見ると僕はとても駄目な人間だったと思います。

ですが友達はいましたし、イジメられていた訳でもありません。

ただ学校ってつまらないし、行く理由も分からないので不登校になっていました。

ですがこんな人間でも高校や大学には進学できるものです。僕は今、会津大学というコンピュータの大学に通っています。

しかし大学に入学したから人間が変わったわけではありません。相変わらず夢や目標はありませんでした。

内容的に、パッと見はちょっと暗い。

そんな雰囲気の書き出しを「である調」でリライトしてみます。

【after】
人生の夢って?
目標って?

幼稚園の頃から不登園グセが身に付き、小中学校でもそのまま毎日サボタージュ。
しかも体型がデブという僕は、誰がどう見てもダメ人間だった。

なんて言うと
『イジメられていたのね(可哀想に、ボソッ)』
と同情の念を持たれるかもしれないが、実際は友達もいたし、教室で酷い目に遭ったりもしていない。

ただただ、学校に行く理由がわからなかったのだ。

こんな人間でも高校や大学には進学できる。

現在は会津大学コンピュータ理工学部に在籍。
公募推薦で晴れて入学したはいいものの、相変わらず夢や目標などなかった。

思い切って「ですます調」から「である調」に変えたのは、もちろん理由があります。

ここの文章って、あくまで【過去】なんですね。
そして過去への決別キッカケが旅であり、未来へのブログであるからこそ、明確に線引をするため過去部分を「である調」に変えてみました。

そう、映画のシナリオを書いてるような感覚です(映画のシナリオ書いたこと無いけど)。

では次へ。

【before】
人生の転機は2017年の春休みに日本をヒッチハイクしながら旅した時でした。

旅をした最初の理由は純粋に大学生らしいことをしたかったからです。当時はやりたいことがなかったので旅をするのが大学生らしいと思っていました。

しかし旅をしようと思っても家庭が裕福ではなかったので、お金に余裕がありませんでした。

だからヒッチハイクをすれば旅費がかからないと思ったのでやってみました。

色々なことがありましたが、最終的に九州を一周した後、福島に帰るまでを全てヒッチハイクで移動することができました。

故郷に帰る頃には自分に自信を持ち、人間的に強くなっていました。また自分は旅が好きということを知ることができました。

文章の長さがどれも似たり寄ったりになっています。
これでは読者を飽きさせてしまう。

ゆえに、文章の見た目も考慮しながら、凹凸をつけてリライトしてみました。

【after】
転機は2017年に訪れた。
入学後初の春休み、僕はヒッチハイクしながら日本を旅して回った。

我ながら大した理由などなく始めた旅である。

正直、大学生って旅行するんだよね?
ぐらいの感覚だったが、家もビンボーでお金に余裕はなく、旅費のかからないルートを選んだだけ。

結果、◯◯から◯◯まで。
ドライバー皆さんの温情にあやかって気分の赴くままに全国を移動。最終的に九州を一周した後、福島に帰るまでの全行程をヒッチハイクで移動することができた。

福島帰郷後。

なぜか心が強くなった気がした。

自信――というものがあるとすれば、そのとき大きく芽生えた気がした。

そして僕は初めて僕の深淵を覗く。
あぁ、コイツって旅が好きだったんだ……。

床も壁も家具も、白一色の家なんてないですよね?

文章も同じで、何らかの変化があった方がいい。
まずは見た目からということで長さをバラバラにしています。

内容的にはカッコつけが続きますが、それでいいんです!

なぜならこれは、前向きさを滲ませたいブログだから。
過去の自分を包み隠さず、映像で蘇らせる。

ナルシストと笑われても最後まで突き通すのがいい。中途半端が一番カッコ悪いんだ!

次へ。

旅が好きということが分かったので2017年の夏は東南アジアを旅しました。

初めての海外を経験して自分がどれだけ狭い世界で、つまらない人生を送っているのかを思い知らされました。

そしてその経験と同時に、たくさんの目標とやりたいことを見つけることができました。

今の目標は全ての国を制覇することです。

ヒッチハイクをきっかけに、今度は東南アジアへ。
かなり衝撃を受けたようで、ここから一気に世界制覇(旅行で)の野望が持ち上がってきます。

わかります。
いくら自分探しの旅と罵られようが、気にしなくていいんですよ。

私も学生時代はさんざん東南アジアを歩きました。
一応、猿岩石の前からね!

まぁ、沢木耕太郎氏に影響されたのは同じですけど、とにかくアジア諸国はカルチャーショックの連続です。

てなわけで私もノスタルジックになりながらリライトしてみました。

【after】
旅が好き――。
何の変哲もないこの気付きに対して、多くの方は『今更かよ』と思われるかもしれない。

しかし、何にも興味を持てず、長年の不登校生活から大学入学を果たしても、未だ自分の核に触れたことのない僕にとって、その一歩は激しく大きいものだった。

そうだ。
今度はアジアへ行ってみようかな。

かくして2017年の夏から東南アジアの各地を巡り、あまりに価値観の違う世界に触れ、驚き、そして一人きりで深い思考に入り込んだとき、何となく目を背けていた現実が突如として浮かび上がってきた。

ああ、僕って、ツマラナイ人生を送っていたんだな……。
けど、今からでも間に合うよな……。

目標と言うにはチョット気恥ずかしい。
だけど、今できる精一杯の夢。それが世界の全ての国へ行くことである。

今後、これからのブログで報告していきたい。

学生の独りよがりと言われがちな旅ですが、本人は必死です。
いいんです。
真剣であればあるほど面白い。

問題は、対象とする読者かなぁ、と。

大人が相手だったら、何か別の仕掛けが必要になってきそうです。
若さゆえの激しい意見とか、オッサンでは入っていけない危ない空間への探検だとか。クレイジージャーニー的な?

しかし、本ブログの目的はそこじゃなさそうです。
理由は最後の項で。

【before】

僕がこのブログで伝えたいこと

まず、どんな人間も小さなきっかけで生まれ変わるということです。

不登校でデブで夢がなかった人生を送ってきた僕が、旅をしただけで20kg体重を落とし夢を持つことができたのだから間違いないです。

基本的にこのブログは雑記ブログのようなものですが、基本的には以下のことを発信していこうと思います。

・学校に関すること

・旅のこと

・英語

・ダイエットと筋トレ

・プログラミング

もし学校のことや旅のことで質問や相談がある方はお気軽に連絡して下さい。

一緒に人生を変えましょう。

ここで時間軸が現代に戻ってきますね。

今の、ひだよしさんがどんな思いでこのブログを綴っているか。
読者に訴えかける話面です。

それを見ると、ターゲットは同世代という気がします。

なので大人を対象とした何かを盛り込むよりも、純粋に自分をさらけ出す方向でよろしいのではないでしょうか。
つまり今のままかなw

つーことで最後はこのようにリライトしてみました。

【after】

誰だって生まれ変わっていいじゃないか

どんな人間でも、小さなキッカケで生まれ変わることができる――。

不登校でデブ。
まるで夢のなかった人生を送ってきた僕が、旅をしただけで、その後20kgの体重を落とすことに成功しました。

些細な夢でも、夢は夢。
心の奥底にエネルギーを生み出す装置なようなものができたと感じたのです。

本ブログは、旅だけではなく、大学や英語、ダイエットにプログラミングなど、今僕が興味のある出来事を片っ端から綴っていきます。

学校や旅のことで何かありましたら僕にご一報ください。
一緒に人生を変えていきましょう。

インドに旅して、そのままインドに居着いちゃうのも人生。
戻ってきて世界を目指すのもまた自由。

生き様なんてコロコロ変わったっていいんだから、とにかく目の前のことにめちゃめちゃ熱くなれることが大事!

ひだよしさん、頑張って~!
46才、娘アリの僕も一人旅したいよ~><;

◆ひだよしさんへ

黄色い枠で囲った文章は、引用タグに入っていません。
なぜなら、色がグレーになってしまい、原文と見分けがつきにくくなってしまうんですね。

もしも、私のリライト文章を使いたいというお気持ちがございましたら、ご一報ください。
Googleさんに変な目で見られぬよう、引用タグで囲っておきます^^

では!

※SEOは度外視してリライト&記事作成しております

文:五十嵐利休

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA