大手サイトをリライトvol.3 東洋経済オンライン「生涯給料ランキング」

生涯賃金とか年収ネタって、みなさん大好物ですよね。

『SPA』や『週刊現代』のような週刊誌から、東洋経済オンラインのような少し堅めのWebメディアまで。

「他人の給料、気にしてもしゃあないやん!」
と思いつつも、やっぱり覗きたくなっちゃう――。

ご多分に漏れず私も昨日、電車の中で

生涯給料「東京都トップ500社」ランキング

こちらの記事をクリック。
その途中でリライトセンサーが発動しました。

【リライト前の原文】

1位はM&Aキャピタルパートナーズの8億3211万円。平均年齢は31.1歳と相対的に若いながら平均年収が高いことから、あくまで理論上の試算値にすぎないものの、超高額な数値となった。2位GCA(8億2317万円)や3位ストライク(6億4886万円)、4位日本M&Aセンター(5億6338万円)のトップ4はすべてM&A助言を行う企業で、この業種の高給ぶりがうかがえる。(東洋経済オンラインより引用)

【以下のようにリライトです】

1位はM&Aキャピタルパートナーズの8億3211万円である同社の平均年齢は相対的に若い31.1歳。にもかかわらず平均年収が高いことから、理論上の試算値では超高額な数値となった2位GCA(8億2317万円)や3位ストライク(6億4886万円)、4位日本M&Aセンター(5億6338万円)のトップ4社は、いずれもM&Aの助言を行うスペシャリストたちであり、この業種の高給ぶりがうかがえる。

更に、別のバージョン。
もう少し丁寧に書いてみました。

1位はM&Aキャピタルパートナーズの8億3211万円。同社は平均年齢が相対的に若い31.1歳であるにもかかわらず平均年収が高い。それが生涯に渡って支払われると仮定されるため、理論上の試算値では超高額な数値となった。2位GCA(8億2317万円)や3位ストライク(6億4886万円)、4位日本M&Aセンター(5億6338万円)のトップ4社は、いずれもM&Aの助言を行う専門家集団であり、この業種の高給ぶりがうかがえる。

文:五十嵐利休

【リライト講座の対象は?】

ストレートニュースや週刊誌記事などは、最もシンプルかつ技術の必要なジャンルの文章だと思います。
ゆえに学ぶことも多く、リライト講座の対象とさせていただきました。

ですのでドコかの記事で『おやっ?』と感じる表現を見つけたらご一報いただけると幸いです。
ここでリライト実践させていただきます。

ただし、小説やエッセイ、個人ブログにつきましては、あくまで著者による世界観演出の場ですのでご遠慮ください。
私などが突っ込むのは畏れ多く、文章的なテクニックについて論ずることはできません。

さらには、誤字・脱字・誤変換等については、私も頻繁にやってしまいます。
文章テクニックとは別の話と割り切ってくださいますようお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA